読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙くじらと野原のかえる

こどもとわたし、宇宙船・地球号での日々で想うこと、感じること

保育園でリバース!その原因は!?

少し前のことですが…

 

保育園から息子と一緒に帰るときのこと。

外はもう真っ暗。3月とはいえまだまだ寒い。

園舎の中は暖かいからって、すぐに薄着になる男子達。

それじゃ、寒いよ、とジャンパーを着せようとしたのですが、

「着ない。」

と、拒否。

 

f:id:i-yumiko:20170331125217j:image

 

 

「なんで?」

と聞くと、

 

「………くさいし」

 

と小声で返事。

 

「なんでくさいのかな?」と不思議に思い、ジャンパーのにおいを嗅ぐと、確かにくさい!

犬小屋みたいなにおいがする!

 

「え?なんで?なんでくさいの?」

 

「…くさい水に落ちてん…」

 

「くさい水?お外にくさい水たまりでもあったの?」

 

「………」

 

これ以上聞いてみても、答えてくれなさそうな雰囲気なので、

まあいいか、このジャンパーもだいぶ泥んこだし、

洗濯するいい口実になったと思うことにして

帰宅しました。

 

家について晩ご飯も食べて少しリラックスしたのか、

 

「…今日、ゲボしてん…」

(吐くことを、息子達はゲボする、と表現します。)

 

とこっそり教えてくれた息子。

 

えっ、吐いたとな!?ダイジョウブかいな!!

事情を聞かなければ!!!

 

「しんどかったん?」

 

「ううん。ダイジョウブ。」

 

「お腹、いたくない?」

 

「いたくない。」

 

「熱、測ろうか。」

 

(測ってみたけど平熱。)

 

うう~ん、なんで吐いたのかな。

ちょっと風邪気味なのかな。

要注意だな…。と色々考えたのですが、

 

吐いた原因は翌日わかりました。

 

予想外だったわ…。

 

 

その日、園の先生が、

「園のお庭にとってもいい匂いのお花が咲いたよ!」

と子供達に教えてくれたそうです。

f:id:i-yumiko:20170331125229j:image

 

それを「ふうーん」と聞いていた子供達。

 

その後、お昼寝から目覚めた息子、

何を思ったか園庭ではなく、

園舎の玄関に飾ってあった

卒園式の名残のお花の匂いを嗅いだそう。

 

…わざわざ靴箱の上によじ登って…。

 

 

f:id:i-yumiko:20170331125233j:image

 

くん…と匂いを嗅いだその瞬間。

 

彼の全身に衝撃が走ったようです。

 

f:id:i-yumiko:20170331125238j:image

 

…予想していた「いい匂い」とはまったく違ったみたい(笑)

 

私も試しに匂いを嗅いでみたけど、

少し古くなっていたのもあってか、

なかなかなバッド☆スメルでした(笑)

 

先生もそれが分かったから、

特に私に早退お迎え要請の電話は掛けなかったそう。

 

ともあれ、

体調不良ではなかったようで、なにより。

 

しかし、匂いで反応するのかあ。

 

子供によっては泣きすぎて吐く、とか怒りすぎて吐くとか、

たまに聞きますけど、うちの子は匂いでした。

 

この数日後にも、他の悪臭にびっくりして吐いていました…。